【高血圧治療には治験】

【現代人に多い高血圧】

 最近、夫婦の間で下にあるような会話、増えていませんか?
夫「最近、会社の健康診断で高血圧って診断されたんだよ」
嫁「あら、まぁ。それで体のほうに問題はないの?」
夫「ああ、特に。健康そのものなんだけどな」
嫁「でも、高血圧って、大きな病気を引き起こす原因になるって、テレビなんかでも言われてるわよ」
夫「それくらいは、知ってるけど。高血圧って言われても、自覚症状がないんだよ」
嫁「今日はいつもより、お酒を控えたほうがいいんじゃない?」
夫「わかったよ。ま、ビール一杯くらいで止めとくよ」
妻「まぁ。仕方ないわね」

 どうでしょうか?また、他にもこのような会話は増えていませんか?
夫「今日、晩御飯はなくていいよ」
妻「あら。また会社の付き合い?」
夫「そうなんだよ。毎日毎日、同僚と飲みにいったり、得意先の接待があるんだよ」
妻「それにしたって、体が資本なんだから、無理は禁物よ」
夫「わかってるわかってる。でも、これも仕事なんだからさ。」

 どうです?だらだらと毎日をこのように過ごしていませんか?
実は、このような習慣は高血圧の方にとって、とても悪い習慣なんですよ。
毎日毎日の飲酒習慣ってなかなか抜け出せないんですよ。
家でもだらだらと夕食と一緒にビールを飲んだり、その後、焼酎や日本酒、ワインを飲んだり……。
外なら外で、夜になれば同僚や得意先と一緒に「乾杯!」が始まってしまう……。
おまけに一緒に食べる食事は、揚げ物や肉料理などの脂っぽいものや塩分がきついものがメインになってしまいます。

たしかに、お酒はストレスを下げて、かすかにリラックスを促すために、
ストレス社会では必要なものなのかもしれません。
でも、体の中ではお酒や偏った食事は不健康への第一歩なんです。
特に、「時限爆弾」と呼ばれる「高血圧」への負担とリスク増加につながってしまうのです。

上に書いた夫婦のやりとりの例のように、高血圧は自覚症状がないんです。
例えば、おなかが痛くなったり、頭が痛くなったりというようなわかりやすい症状、
みんながすぐに病院で診断してもらうくらい危ない症状は現れにくいものなんですね。
あくまで高血圧はさまざまな病気の原因なんです。

しかも、24時間朝から晩まで活動することが可能となってしまったこの現代社会では、
体にかける負担が大きくなって高血圧になってしまいやすくなるんです。
そして、高血圧が知らない間に原因となって脳卒中になってしまったり、出血が起きて、
救急車で運ばれてしまうなんてことがあるんです。
もしかしたら、あなたも高血圧が原因でそのようなことになりえるかもしれないですよ。